海外アーティストやセレブが履く人気スニーカー7選!第二弾

海外の芸能人、ラッパーが履くナイキ エアジョーダン・アディダスをチェックしよう!

(image via.footwearnews)

スニーカーは何足持っていてもコーディネイトの幅が広がるアイテム。しかし、スニーカーに合うコーディネートがわからず、いつも同じスニーカーを履いてしまうことはないだろうか。流行の最先端を走る海外セレブのファッションをチェックして、スニーカーをより引き立つコーディネートを学ぶ特集記事第二弾!

セレブのオシャレな人気スニーカーコーデ特集

TI(ティーアイ)

(image via.nicekicks)

“キング・オブ・サウス”とも呼ばれ、ラッパー、作詞家、音楽プロデューサー、俳優など多彩な顔を持つTI(ティーアイ)。アルバムセールス数も飛び抜けており、HIPHOP界の最重要人物の一人であるが、ドラッグや武器の違法取引など度々世間を騒がせることも。そんなTIが履いているのがAIR JORDAN 4 RETRO “ROYALTY”。ブラックベースのアッパーにゴールドが差し色として配色されているこの一足をブラックのアウター、複数の金色に輝く”ブリンブリン”と合わせている。まとまりのあるコーディネートだ。

AIR JORDAN4 RETRO “ROYALTY”

 

NICK GRANT(ニック・グラント)

(image via.nicekicks)

上記で紹介したTIが最高経営責任者を務めるGrand Hutsle Recordsとメジャー契約したNick Grant(ニック・グラント)。サウス・カロライナ出身のNick Grantはオールドスクールの影響を強く受けており、今のHIPHOP音楽シーンで良い意味で目立つ存在である。そんな彼が履いているのがadidas NMDとA BATHING APEのコラボ作品、NMD R1 BAPE “BAPE”だ。APE特有の迷彩柄は派手な印象だが、上記の写真のようにシンプルなファッションと合わせることでスニーカーが主役のコーディネートができる。

NMD R1 BAPE “BAPE”

 

WALE(ワーレイ)

(image via.nicekicks)

ワシントンD.C.出身のラッパー、WALE(ワーレイ)。2011年にリリースされた”Ambition”は全米チャートにて初登場2位を記録し、フューチャリングした楽曲、”Ride out”はワイルド・スピードの主題歌に使われるなど勢いのあるラッパーである。上記の写真ではPW HUMAN RACE NMD “HUMAN RACE”を履いており、グリーンを基調とした一足が際立っている。

PW HUMAN RACE NMD “HUMAN RACE”

 

LECRAE(レクレー)

(image via.nicekicks)

ラッパーとして史上初のグラミー最優秀ゴスペル・アルバム賞に輝いたヒューストンのクリスチャン・ラッパー、LECRAE(レクレー)。イエス・キリストの教えに基づいた教訓が多くの楽曲の歌詞に見受けられるのが特長だ。そんなLECRAEが履いているのが現在のスニーカー市場を席巻しているYEEZY BOOST350の初代モデル、”Beluga”。TシャツのオレンジをBelugaと合わせ、非常にまとまったコーディネートとなっている。

YEEZY BOOST 350 V2

 

FABOLOUS(ファボラス)

(image via.nicekicks)

Brooklyn出身で作品を出せばアルバムチャートの上位を常に記録するベテランラッパー、FABOLOUS(ファボラス)。坂本九の”上を向いて歩こう”をサンプリングしたり、日本のラッパー、AK69とコラボレーションするなど日本と親交の深い彼は、ラップはもちろんのことながら、抜群の容姿やファッションでも注目を集めている。そんな彼が履いているのがAIR JORDAN5のARMY OLIVE。GIANTSのユニフォームが非常に目立つが、その上に羽織るMA-1とAIR JORDAN5 ARMY OLIVEで全体を落ち着いた印象に仕上げている。さすがのファッションセンスだ。

AIRJORDAN5 RETRO LS

スポンサーリンク

DAVE EAST(デイヴ・イースト)

(image via.nicekicks)

HIPHOPレジェンド、Nasの主催するレーベルであるMass Appealに所属しており、かの有名なDef Jamと契約したDAVE EAST(デイヴ・イースト)。アメリカ最大のヒップホップ誌、XXLの2016年注目新人アーティストに選出されるほどの注目ラッパーである。学生時代はバスケに没頭し、NBAからの勧誘があったにも関わらずラッパーとしての道を突き進む彼が履きこなすのはAIRJORDAN12 RETRO “TAXI”。ブラックをベースとしたファッションにホワイトカラーが眩しい”TAXI”をチョイスしている。

 

JUELZ SANTANA(ジュエルズ・サンタナ)

(image via.nicekicks)

若干12歳からラップを始め、ラッパーとしての活動はもちろん、レーベルも運営し音楽で表現した世界観を自らの手でリスナーに届けるJUELZ SANTANA(ジュエルズ・サンタナ)。今後もオリジナル性溢れる楽曲を期待したいところだ。そんな彼が履いているのがYEEZY BOOST 350 V2 “BY9612″。全3色の中でも最も人気が高かったこの一足をプリントの目立つロングTシャツとダメージジーンズと合わせている。

YEEZY BOOST 350 V2 “BY9612”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

BBDAN:昨年よりwebライターをしています。大学院生でもあります。 どうぞ、よろしくお願い致します。 取材・原稿依頼もお待ちしております。■得意、興味のあるジャンル : ファッション・音楽(HIPHOP)