まだ靴紐結んでるの?「レースアンカー」で靴紐のストレスをゼロに!

laceancorssimple

スニーカーの靴紐を結ぶ時代は終わった

この記事を読んでいる人は、ほぼ例外なく皆出掛ける時には靴を履き、そして靴紐を結んでいることだろう。その際、「いちいち結んだりほどいたり、ホントめんどくさい…」「何度締めても結び目がほどけちゃう…」「締め具合で左右のフィット感が違う…」「チョウチョ結びのバランスが左右で違う」など、靴紐にまつわるストレスに悩まされる人も少なくないと思う。

しかし、スニーカーに関して言えば「靴紐は結ぶもの」という常識はもうすでに過去のものかもしれない。一度セットすれば、靴紐結びの煩わしさとはさようなら。自分のお気に入りのフィット感がずっと続く。そんな夢のようなアイテムが、実はあるのだ。その名は“レースアンカー 2.0″。

レースアンカーとは

レースアンカーは、レース=靴紐をその場にとどめるためのアンカー=錨(いかり)を意味する。高負荷にも耐えられる特殊プラスチックから作られたピースで、大きさは指先でつまめるほど。その名の通り、スニーカーの靴紐をお気に入りの位置に固定することで、靴紐を”結ぶ & ほどく”という動作をなくし、かつ、自分のお気に入りのフィット感を常に保つことができる。加えて取り付けも超がつくほどカンタン。スニーカー界の新定番&新常識といっても過言ではない大注目のアイテムなのだ。

こんなあなたにおすすめ!

・オシャレにスニーカーを履きこなしたい人

結び目を見せずにスニーカーを履きこなすのが海外セレブやスニーカーのなかでも人気のスタイル。しかし、インソール下に靴紐を寝かせたり、アイレットから靴紐を出すスタイルは、見た目は最高にかっこいいものの、履いてるうちにフィット感が変わってしまい、いちいち調整しなおすのが面倒なのが欠点。レースアンカーがあれば、最高のルックスを維持しつつ、お気に入りのフィット感をずっとキープするのもお手軽カンタン。

laceancorsexample

・靴紐を結ぶのが面倒な人

日常やエクササイズの最中に「何度結んでもほどけてしまう」「結ぶのもほどくのも、いちいち結び直すのも面倒」な人にはマストアイテム。laceancorexまた、耐久性も抜群で、約20kg近い負荷をかけても微動だにしないことは実証済み。ある程度激しい運動の最中でもほどける心配はなさそうだ。laceanchorsdurable

・靴紐を嫌がるお子さん

意外や意外、保育園から小中学校のお子さんにこそおすすめしたいのがこのレースアンカー。靴紐嫌いな小さなお子さんにはもちろん、とにかく活動量の多い子供には、脱ぎ履きの中で頻繁に靴紐がほどけたり、切れたりとトラブルが絶えない。そんな時、レースアンカーを付けていれば、汚れたり、結び目がボロボロになって靴紐が切れてしまう心配もない。加えて、ほどけるたびに結び直す必要もないため、不用意にスニーカーに触ることがなくなり、安全面だけでなく衛生面からも自信を持っておすすめしたいアイテムと言える。スクリーンショット 2016-03-18 4.05.20

・靴紐の結び方で遊びたい人

手軽に人と違うオシャレな結び方をしてみたい人にぴったり。laceancorsextra

レースアンカーのメリット

・毎日の靴紐を”結ぶ & ほどく”の動作がゼロに。

・取り付けが超カンタン。

・常に自分がお気に入りのフィット感を維持できる。

・結び目が無いことにより、よりオシャレに、よりスタイリッシュに。

・ツーリングや自転車利用の際に靴紐を巻き込む恐れがない。

・実質デメリットがない。

レースアンカーのデメリット (解消可=実質ゼロ)

・靴紐を切る方法がある。(切らなくても問題は無い)

laceancorkidstrimortuck

インソール下にしまう or 切る

説明書通りにレースアンカーの取り付けを行うと、フィット感の調整後に靴紐を切る方法が推奨されているが、実は切らなくても問題はない。その方法はとっても簡単で、レースアンカーを取り付け後に、スニーカーのインソール下に靴紐を寝かせ、再びインソールを被せてしまうだけ。

「あれ? インソールの下にしまうなら、結局レースアンカー取り付けなくても一緒じゃないの?」と思う方もいるかもしれない。しかし、インソールのみを利用する方法の場合、履いているうちにだんだんと緩み、最終的にフィット感が失われてしまうため、自分がお気に入りのフィット感を常に維持したい人にはやはりマストアイテムと言うほかない。

超カンタン! レースアンカーの取り付け方

laceancorsinstall①ギザギザ部分を上にして、スニーカーの外側からレースアンカーの中央の穴に靴紐を通す。

②1つ上の穴に通し、この時点で足を入れてスニーカーのフィット感を調整する。

③お気に入りのフィット感が決まったら、ギザギザ部分の上に被せるように靴紐を一番下の穴に通し、余った靴紐をインソールの下にしまう、もしくは切る。完成!laceanchorsnoknot

太さや素材に関わらず様々なタイプの靴紐で問題なく取り付けが可能。

laceanchorslaces

レースアンカーで新しいスニーカーライフを!

レースアンカーは一つのパックに8ピース入っており、2足分の靴に取り付けることが出来る。「ちょっとそこまでお出かけ」用スニーカーにはゆるめに取り付けて”楽々スリッポンスタイル”や、運動用スニーカーにはしっかり目に取り付けるなど、スニーカーによってフィット感を使い分けることももちろん可能。

安いと捉えるか高いと捉えるかは人次第だが、スタイリッシュな見た目に加えて、常に変わらないフィット感、そして「靴紐を結ぶ必要がない」という体験を手にできるとくれば、試してみる価値は大いにあるはずだ。

 (images via laceanchorskickstarteramazon)