ナイキ ハイパーアダプト 1.0 バック・トゥ・ザ・フューチャーの未来がここに

NikeHyperAdapt10バック・トゥ・ザ・フューチャー の遺伝子を受け継ぐスニーカー

皆さんはこの映画を知っているだろうか。

映画史に残る名作シリーズとして、もはや知らない人はいないと言っても過言ではないほどの人気を誇る「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。

その2作目となる「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART  2」で、あるシーンが話題を呼んだ。

それがこちら。

ボタンを押すことで自動で靴紐が締まるという、通称「パワーレース」機能を搭載した超未来型スニーカー。映画公開年の1989年当時は、前衛的なデザインと最高にクールな機能を備えたこの一足に胸を躍らせたファンも少なくないはずだ。

過去に、このスニーカーをモデルとした「ナイキ マグ」と呼ばれるスニーカーが発売されたのだが、超希少な生産量と全世界待望の夢のスニーカーへの人気が相まってとてつもないプレミア価格が付くなど、到底手に入るような代物ではなかった。加えて、当時のモデルはまだ靴紐を全自動で締める機能は実装されておらず、「パワーレース」は夢のまま終わるかと思われた。

しかし、2016年、このナイキ マグの遺伝子を受け継ぎ、全世界が夢見た「パワーレース」機能を搭載したスニーカーが遂に発表された。

その名は、「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」

「足を入れると、かかとをセンサーが感知し、システムが自動的に靴紐を締めはじめ、側面に位置する二つのボタンで、締める/緩めるの2動作を手動でも行うことが可能。」と、まさに「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART  2」で夢にまでみた「パワーレース」機能を完全搭載したフューチャリスティックなスニーカー。カラーリングはブラック、ホワイト、グレー×ブラックの3色が現在確認されており、ソールにはLEDと見られる発光部分が見て取れる。

ナイキ ハイパーアダプト 1.0の記念すべき第一弾は、ナイキ+のメンバーのみ購入できるようだが、世界中の熱狂ぶりをみると一般販売も期待できそうだ。

世界のクリスティアーノ・ロナウドもご満悦

世界屈指のサッカープレイヤー、クリスティアーノ・ロナウド氏がこのスニーカー履く姿も公開されており、自動で靴紐が締まる様子や、それに呼応するように光を放つソール部分も下の動画からチェックできる。

ロナウド氏がハイパーアダプト 1.0に手を伸ばした瞬間に「パワーレース」機能が作動した時のリアクションにぜひ注目してみてほしい。

「ワォ! ナイキ ハイパーアダプト 1.0を試着した世界初のアスリートにしてくれてありがとうナイキ!」

「クール。クレイジーだね。これこそがナイキが世界中でトップのブランドであり続ける理由だ。」

完全版 ナイキ マグ なんと2016年に発売予定

実は、前述のナイキ マグの新作も、今年2016年のリリース予定。映画でマーティ役を演じたマイケル・J・フォックス氏が履く姿も過去に公開されており、こちらも来たる発売日に向け着々と準備が進められているようだ。

また、下の動画でも確認できるように、今回の2016年モデルでは、前回リリース時点で実装されていなかった「パワーレース」機能も搭載されており、完全版 ナイキ マグを手にできる日もそう遠くないかもしれない。

(via. Nike)