祝50周年!! VANSの掲げる”OFF THE WALL”に込められたメッセージとは

1-50year

(image via. vansjapan)

50周年を迎えたスニーカーブランド、VANS

西海岸を代表するスニーカーブランド、VANSが50周年をむかえた。スケートボードをトレンドの潮流へと導き、ストリートに根ざしたカルチャー自体をも変えてしまうほどのパワーで今なお世界中で愛され続けているVANS。そんなVANSの掲げるキャッチコピー”OFF THE WALL”。マイケル・ジャクソンが1979年に発表した5作目のアルバムタイトルとしても有名なこの一節に込められたメッセージをご存知だろうか。

“OFF THE WALL”に込められたメッセージ

直訳すると、”壁から離れる”という意味。70年代に活躍したZ-BOYSのメンバー、トニー・アルヴァがプールから空中に飛び出るトリックを成功させたときに、オーナーのスキップ・イングロムが「お前いまプールの壁を突き抜けたぜ!!(OFF THE WALL)」というスラングを叫んだことで、それがフレーズ化したといわれている。

c0142576_13156

空のプールをハーフパイプ代わりに滑走

6ef41e5d

空のプールはZ-BOYSにとって最高の遊び場だった。

また同時に”一風変わった”という意味もあることから、カスタムメイドを受け付けて、一足ずつ受注生産していた時代のユニークな企業文化を大切にする意図から生まれたという説もある。いずれも良い意味で「型破り」であろうとしているのだ。

Z-BOYSを題材にした映画

そんなZ-BOYSを題材にした爽快な映画、『ロード・オブ・ドッグタウン』(LORDS OF DOGTOWN)。斬新なスタイルで1970年代のアメリカ西海岸発カルチャーを築いた若者たちの物語で、実話を元に脚本が構成されている。空間に紡がれるように滑らかなトリックを決めるZ-BOYSの滑りは必見。そして足元にはもちろんVANS。VANS好きなら一度は目にしておくべき映画の一つだ。

003_compressed

Z-BOYSが履いていたVANSのスニーカーとは?

AUTHENTIC(オーセンティック)

vans-authentic-navy-shoes-mens-dripcult+copy

AUTHENTIC(オーセンティック)

スクリーンショット 2016-04-21 0.59.44

VANSお馴染みのワッフルソール

60年代の第一次スケートブームがきっかけで誕生したVANSの記念すべき第一号モデル。グリップに優れたワッフルソールを世に送り出した永遠の定番スニーカー。
シンプルなデッキスタイルのシューズが様々な履きこなしをアシスト。ベーシックな定番カラーも多く、男女スタイル問わず合わせられる汎用性の高さも◎。シーズン毎に様々なカラーやアレンジモデルがリリースされ、現在も人気の衰えることなく多くのユーザーに愛されている。

ERA(エラ)

vans-era-black-white1

ERA(エラ)

sim

ERA(エラ)コンビカラー

AUTHENTICを愛用していたプロスケーター界のレジェンドとして知られるZ-BOYSの中心メンバー、トニー・アルバステイシー・ベラルタらがデザインに携わった、歴史に名を刻むクラッシックモデル。スケート用に履き口に厚みを持たせ、クッション性とフィッティング性が向上している。DOG TOWN時代のZ-BOYSが履いていたコンビカラーは今でも定番中の定番である。

 

VANS 50周年記念モデル続々登場!

50周年の節目を祝うべく、ファンには嬉しい様々なアニバーサリーモデルを順次リリースしていく予定。スケーターやスニーカー好きはぜひチェックしておきたいところ。気に入った一足があれば、今のうちにキープしておくのがオススメだ。

vn04mpj9b_1

50TH SLIP-ON(スリッポン)

vn03s4j9f_1

50TH ERA(エラ)

まずは、定番モデルERA(エラ)・CLASSIC SLIP-ON(スリッポン)にきらびやかなGOLDカラーをあしらったANNIVERSARYモデルがリリース。カラーはVANSを象徴するベーシックカラーに、ピスネームやインソールロゴなどにGOLDが光る50周年を飾るのにふさわしい特別仕様となっている

時代を問わずストリートに愛され続ける飽きのこないデザイン、低価格でありながら、品質にこだわり、その丈夫さと相まって、今では多くのスケーターのマストアイテムとなったVANS。この機会にぜひお気に入りの一足を見つけてみてはいかがだろうか。

(via. cinema, 古着屋 楽風amebloabc-mart)

ABOUTこの記事をかいた人

BBDAN:昨年よりwebライターをしています。大学院生でもあります。 どうぞ、よろしくお願い致します。 取材・原稿依頼もお待ちしております。■得意、興味のあるジャンル : ファッション・音楽(HIPHOP)